一般財団法人の機関設計


  1. 評議員+評議員会+理事+理事会+監事+会計監査人
  2. 評議員+評議員会+理事+理事会+監事

※最終事業年度に係る貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上である一般財団法人は1.の機関設計が必要になります。

一般社団法人と比べると理事や評議員の人数も一定数以上必要となり、理事会も必要なことから組織的には大がかりなものとなりますが、これは一般財団法人は財産に法人格が与えられているため、財産を厳格に管理するという必要性が高いためにこのようになっています。

Copyright© 2013 愛知県名古屋市での一般社団・財団法人設立申請をお考えの方へ All Rights Reserved.