一般社団法人の機関設計


一般社団法人は、規模や目的に応じて柔軟に機関設計をすることができます。

  1. 社員総会+理事+監事+会計監査人
  2. 社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人
  3. 社員総会+理事
  4. 社員総会+理事+監事
  5. 社員総会+理事+理事会+監事

※最終事業年度に係る貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上である一般社団法人は1.か2.の機関設計となります。

一般的には3.のような必要最小限な機関設計が多いです。それぞれの機関設計により定款の内容を変更していかなければなりません。

Copyright© 2013 愛知県名古屋市での一般社団・財団法人設立申請をお考えの方へ All Rights Reserved.